モノローグ

心に刺さった曲を紹介していきたいブログ

【ライブレポ】Ringo Jam TOUR 〜東と名と阪〜

FCツアー大阪編に参戦して参りました。今更ながらライブレポします。記憶力の都合上、実際の内容と異なる場合がございますがそこはご愛嬌ってことで。それでは早速参りましょう。




セットリスト

01.Speaking
02.藍
03.愛情と矛先
04.SimPle
05.シンガロン・シンガソン
06.私
07.WanteD! WanteD!
08.REVERSE
09.WHOO WHOO WHOO
10.パブリック

En
11.恋と吟
12.庶幾の唄





学校のチャイムの音と同時に制服姿でステージに立ったメンバー。「ミセスのコピバンするから皆に見てほしい」という体でのライブらしい。

今までで一番スタジオ練習に近くて、メンバーのありのままを見ることが出来るライブだった。

一曲目のSpeakingからフロアの熱量は最高潮に。心なしかメンバーもいつもよりはっちゃけている。
続いて、「最近ミセスが全然やってない曲、難しい曲やろうか」と藍をドロップ。導入のギターの音で会場がどよめきに包まれていたが、数秒後には曲の世界観に呑み込まれていた。
この曲はライブで聴くとキーボードが格好良すぎる。ひろぱのタッピングと涼ちゃんの速弾きに圧倒された。リードギターの音色にメロディアスなキーボードが乗っかり、それでいて疾走感がある。CD音源では重い曲もライブではキラーチューンに昇華できるのもまた、ミセスの魅力である。
間奏で大森元貴のギターだけが響くパートがあるが、あそこで大森だけが紫色のライトに照らされていたのがとても印象的だった。

そのままラスサビまで駆け抜けると、立て続けに「愛情と矛先」へ。いつも以上にはっちゃけていたが、この曲はいつ聴いてもかっこいい。ラスサビの「大丈夫だよ。安心して」を歌わせず、自分で歌っていたのもすごくグッときた。

「どうだった?」とMCへ。「バッチリハマってたんじゃない?」と若井。会話も手短に次の曲のフリへ。次は高氏の大好きな一曲らしい。
「この曲は…ほんとに練習してきたよね?」とこぼすもっくん。ひろぱ含むメンバーは「えっ?なんのこと?」みたいな感じで返していたが、割と本人的にも難しい一曲らしい。(この時点で次来る曲がわかってしまった筆者は興奮を隠せずにいた)

ライブ版No.7みたいなドラムからおい!おい!と飛び交う煽り。そして鳴り響く高氏のベース。「SimPle!!」ともっくんが叫ぶと同時にフロアは歓声に包まれた。Speakingと同じく原曲よりキーを1下げて演奏していた。好きな曲だという事もあってか、高氏はとてもいきいきとしていた。笑顔で「シ~ンプルに~シンプルに~♪」と口ずさみながら演奏しているのを見て、ほんとに好きなんだな~と思わず筆者もニッコリ。さすがはFCツアー。普段ほとんど演奏しないにも関わらず、会場はシンガロングに包まれていた。

またまたMCへ。この辺りから設定が崩れ始める。「最近ミセスの大森元貴が楽曲提供してて…」と次の曲紹介をする涼ちゃん。既に何人かのファンは悲鳴を上げていた。

「緊張するな…」と言っていたものの、いざ演奏が始まると彼の本気を見た。まず原キーで歌えること自体すごいのだが、完全に曲を自分のものにしていた(まあ自分のものなんだけどさ)。裏声のビブラートが凄かった。余談だけど間奏のダンス(?)も完璧だった。(MV見たこと無かった人は「おーもりさん何やってんだろ…」と思っただろう。自分もです。)
実はこの曲、ほとんど聴いたことが無かったのだが、いざ聴いてみればド直球のミセスだった。イメージで言うとSpeakingのポップ感にIn the Morningのエモさを加えた感じかな?特にCメロの「今日までの全ての日々よ」の辺りとか。予想以上に好きだった。セルフカバーで音源化待ってます。


「しんみりする曲聴きたいですか!」
「冬にぴったりな曲を」
続いて演奏されたのは「私」。この曲もTWELVEツアー以来の披露。ピアノの音と白のスポットライトが大森を優しく照らす。
一番までは淡々と歌い上げていたのだが、二番のBメロから彼の様子がおかしい、と思った。そしてそれはサビで確信に変わった。
「私」とは、紛れもなく大森元貴の事だった。あんな彼を見たのはゼンジンのCONFLICT以来だった。いや、CONFLICTの時よりも自分をさらけ出していたかもしれない。
項垂れたようにマイクにもたれかかる大森。感情が爆発したラスサビ。身を投げ出した様な歌い方。今にも泣き出しそうな表情で繰り広げるフェイク。それはとても「カッコいい」と言えるものでは無かったが、確かにあの歌唱は、あの生き様は、筆者の心を掴んだ。
『確かに此処で息をしてる/私は私を生きてゆく』
確固たる決意が、信念が感じられる一曲だった。

感動はそのままに、重厚感のあるドラムリフとギターが織り成す導入から始まったのは、今やミセスの代表曲となった「WanteD! WanteD!」。この日一番の盛り上がりだったのではないだろうか。
ロワジールでの初披露より格段にパワーアップしていた。初披露の時に感じた焦燥感より、色気の方が強かった気がする。何より間奏の例のアレとか。

続いてはMC挟まずそのまんま始まったコールアンドレスポンスのコーナー。

もとき「エヴィバディセイリーンゴジャム!!」
ファン「リーンゴジャム!!」
も「リーンゴジャム(高音)」
フ「リーンゴジャム(高音)」
も「リーンゴジャム(デスボ)」
フ「リーンg…ゴホッゴホッ」

みたいな。とにかく和やかでした。

息が保つか保たないか。RADWIMPS野田洋次郎君と羊と青の前のヘイホーの件を彷彿とさせるコール&レスポンスを終え、バックの演奏は一旦中断。これはWHOO×3だな…と思っていたらまさかの「REVERSE」の一声に会場が湧く。フロアが良い意味で異質な雰囲気に包まれた。すごい良かった。けどREVERSEはライブハウスには向いてないかなって…ホールで聴いた方が臨場感あっていいかなって…ちょっとだけ思いました…はい…

からのWHOO WHOO WHOO。ド安定ルート。「馬鹿になっちゃえよ!!自由に踊って!!(何て言ってたかは曖昧)」の声と共に、自由かつ一体感を増しながら熱を帯びていく会場。ギターソロがとにかくエモかったのを覚えている。

熱気を帯びたまま挟むMC。突然の一言。「次で最後の曲です」。
しんみりしたファンの気持ちを代弁するかのように哀しく歌うギター。そこから先のMCはよく覚えていない。なぜなら、ギターリフが筆者の愛してやまない「あの曲」だったからだ。ベースとキーボードが入り、ドラムが少しずつ少しずつテンポを増していく。上がっていく心拍数と共に演奏も熱を増していく。それを固唾を呑んで見守っていた。

始まりは一瞬だった。それまでの導入をかき消すようなクラッシュシンバルの音と、5人の「せーのっ!!」の声。掻き鳴らされた一音目は、想像以上に明るいものだった。
この曲はもっと圧迫感があって重苦しいイメージがあった。人間という大きな概念について歌った曲だ。けれど、鳴り響く音は、照らされたステージは、包み込むような強い歌声は、どこまでも緑色だった。エネルギッシュでいて優しくて、熟した果実のようでいてどこかあどけないような。「Mrs. GREEN APPLEってこういう事なんだな」と感じさせるものだった。それ故に聴いていて違和感よりも心地良さが残った。
二番からはボーカルの熱が入ってきてこの曲らしい雰囲気になった。それもまた良かった。昔とは違って、歌声と演奏に芯があった。明るくて優しい芯があった。きっと昔のミセスではあの雰囲気は出せていなかっただろう。

人は醜くも、時に美しい。汚い世界だけれど、それでも。パブリックはそんな憂いを帯びた曲だと思っていたのだが、今回のライブでは、「そんな人間も悪くないよ」と、自分を、皆を肯定しているように感じた。

醜いなりに心に宿る
優しさを精一杯に愛そうと
醜さも精一杯に愛そうと


この歌詞に優しさを感じる日が来るとは思っていなかったので、すごく感動しました。こんな素晴らしい演奏が出来るならワンマンで毎回やればいいのにって思いました。検討願います。


最後のグサグサと刺さる演奏が終わり、本編は終了。いつも重い曲を演奏した後の「ありがとう」は少し悲しそうなのだが、今回はいつもより強く優しい印象を受けた。


アンコールに入るやいなや、「早速やってもいいですか」と大森。表情から覚悟のようなものを感じた。演奏されたのは「恋と吟」。恐らくこれも二年ぶりの披露である。「曲を書いた高校時代の事を思い出しながら歌う」と語った彼の表情は、どこか切なげでいて悲しいものだった。先程の私とも重なるが、身を投げ出したかのような、駄々をこねるじゃないけれど、そういう「叫び」が恋と吟でもあった。
他のメンバーも感情を剥き出しにしていた。
若井滉斗はギターで荒ぶり、山中綾華も激しいドラムプレイに身を委ねていた。高野清宗は真剣な面持ちでベースを弾いていて…


藤澤涼架は、泣いていた。


度々片手で目の辺りを押さえながら、天を仰いでキーボードを弾いていた。後のMCで語られたが、「バンド結成当初から演奏してきた曲で、思い出が詰まっていた曲だし、演奏が始まった瞬間に皆がハッとした表情を浮かべていて、ちゃんと知ってくれてるんだ、と感極まって泣いた(意訳)」そうだ。こっちまで泣きそうになってしまった。

ラスサビのもっくんの悲痛な叫びがこだまして、しんみりと終わるかと思いきや、ライブバージョンのアウトロが追加されていた。狂ったような、泣いているようなギターに心を奪われた。本気で泣きそうになってしまった。そして最後はブツ切り。今までの演奏が嘘のような静寂。鳴り響く最後の音は、とても明るかった。きっと恋と吟は彼の中ではラブソングで完結出来るような曲ではないのだなあと、そう思わせる5分間の名演だった。

そして最後はハッピーにと、庶幾の唄で大団円。
欲を言えばあと6曲くらい欲しかったし、日々と君もゼンマイも道徳と皿もミスカサズもHugもumbrellaもおもちゃの兵隊もsoFt-dRinkもFACTORYも光のうたも春愁も聴けてないけれど(いざ書いてみると結構多い)、それ以上のものが見られた気がする。
今のMrs. GREEN APPLEを肌で感じられるいいライブだった。Mrs. GREEN APPLEは変わらずに変わり続けている。そう強く感じた。
ただミセスさん…12曲は…12曲はさすがに少なすぎますよ…次のFCはあと3曲増やして欲しいっす…お願いします…

何はともあれ、幕張メッセワンマン!!しかも2DAYS!!めでたい!!行くかどうかは分からないけど、これからのミセスの活躍に目が離せませんね!!きっと5月頃にはアルバムも発売されることでしょう。収録曲予想しながら気長に待ちます。いつかは武道館と城ホでもやって欲しいな。
それでは。